本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少年・青年マンガ

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!

そんな家族なら捨てちゃえば?ネタバレ!セロハンテープを超えてはいけない家族!

今回は”そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!”のテーマをお伝えします。

「そんな家族なら捨てちゃえば?」は、令太郎と家族のちょっと不思議なルールと歪んだ関係を描くヒューマンドラマ。

コミックシーモアで開催された”電子コミック大賞2023”でノミネートされた作品としても注目されていますよね♪

今回はそんな「そんな家族なら捨てちゃえば?」のネタバレと感想を紹介していきます。

それでは早速、「そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!」と題して進めていきましょう。

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!

【登場人物】

篠谷 令太郎(しのや れいたろう)
妻と娘から無視されている

一花(いちか)
令太郎の娘

和美(かずみ)
令太郎の妻
令太郎に変なルールを課している

倉敷 沙耶子(くらしき さやこ)
駅で苦しんでいた令太郎を助ける

光(ひかり)
沙耶子の息子
一花のクラスに転校してくる

ここからは、「そんな家族なら捨てちゃえば?」のネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ1~4

令太郎の家では変なルールがある。

それは、廊下のテープを超えてはいけないこととトイレを使ってはいけないこと。

そんなルールを守りながら令太郎は、仕事に行きますが駅で激しい動機が起こったところを沙耶子に助けてもらいました。

もしかすると、彼女なら家の事情を話しても大丈夫ではないかと思います。

一方、沙耶子は令太郎が自殺しそうだと心配になり自宅へ招きます。

引っ越してきたばかりの彼女の家に行って雨宿りをすることに。

ですが、和美から電話が来て恐る恐る受けると

”一花が不登校になっていて、精神的に不安定だった”

と告げられるのです。

令太郎は話がしたいと伝え、ファミレスで会うことに。

一花が寝ていると思い、和美は部屋を後にしました。

ですが、一花は起きており、嫌な予感がしたので同級生である光に連絡して後をつけることにしたようです。

どうして和美が令太郎にあんなルールをしているんでしょうか…

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ5~8話

和美に、一花に対してひどい発言をしたことを謝罪しますが許してもらうことはできませんでした。

一花に頼まれて、光は近くで話を聞いていました。

ファミレスを後にする令太郎に声をかけ、さっきの発言を責めるのです。

そこへ母親である沙耶子が駆けつけ、事情も知らないのに責めてはいけないと注意します。

そして、令太郎から過去を聞いた沙耶子は

「傷ついているのは令太郎もだ」

と泣いて言ってくれました。

ある日、和美は男性と美術館に来ています。

親しげに話しかけてきて、旦那と上手くいっていないならホテルに行こうなんといってくるのでした。

一方、令太郎は沙耶子からSNSでストーカー被害にあっていると相談され、ファミレスで会うことに。

話を聞いた令太郎は心配になったので家まで送ると、一花と一緒に遊びに来てほしいとアピールされるのでした。

沙耶子の令太郎に対する態度が露骨になってきましたね。
今後、どんなアピールをしてくるのでしょうか?

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ9~12話

一花は光に誘われますが、担任である荻野先生から三者面談をする予定がありました。

ですが、一花は話すこともないと思い光の元へ。

光からも先生の話は真面目に聞かない方がいいと言われるのです。

光の家に行き、沙耶子と3人で過ごしていると一花がトイレから戻ってきません。

心配になった沙耶子は声を掛けました。

一方、和美が家に帰っても一花がいないことに気づき、令太郎にも連絡して学校へ。

荻野と一緒に学校内を探してもいないので、仲がいい光に連絡することに。

令太郎や沙耶子も駆けつけ、一花を探すと無事に見つけることができました。

和美が喜んでいる様子を荻野はカワイイと思ったようです。

そして、家族の事情に首を突っ込んできましたが和美は冷酷な態度を取ってその場を去りました。

その頃令太郎は、一花の本音を聞いていたようです。

なかなか複雑な相関図になってきましたね。
一花がどう動くかによって吉にも凶にもなりそうです…

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ13~16話

令太郎の部屋を一花が占領しているので、和美は令太郎にテープを超えて寝室で寝るように言いました。

ですが、令太郎は廊下で眠っています。

部屋にいる一花は学校に行きたくないと言って出てこないので、荻野に相談するため和美は学校へ。

そこで触れてほしくないことまで荻野は聞いてくるようです。

一方、一花は光の家に隠れていっています。

そこで沙耶子に自分の本音を少しづつ話し始めました。

その後も一花は令太郎の部屋にいるようです。

寝室で寝ることになった令太郎ですが、テープの外側で寝ることに息苦しくなり、和美に自分の気持ちと共に感情をぶつけてしまったのでした。

今までの扱いもあるから感情的になるのかもしれませんが、余計にこじれちゃいますよ…

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ17~20話

令太郎は沙耶子に会いに、橋まで来ていました。

待っている間、いつも令太郎のSNSでクイズを解いてくれるフォロワーとやり取りをしていました。

後日、和美から一花のために形だけの夫婦=偽装夫婦になろうと提案されます。

そんな会話を聞いていた一花はモヤモヤした気持ちを抱えてしまうのでした。

その後、荻野からスクールカウンセラーの力が必要だと勧められたので2人は話を聞くことに。

学校へ行くと、荻野から妻を大事にしていないと言われてしまいました。

その後、令太郎と和美、荻野、スクールカウンセラーの先生が面談が行われます。

面談のこともあり、一花は徐々に学校へ行くようになりますが、荻野については思うところがあるようです。

一花が学校へ行くようになって良かったです。
荻野が今後どうでてくるのか気になりますね

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ21~24話

破かれた写真を見て令太郎の物だと思っていた一花ですが、よく考えると和美が残したものじゃないかと気づきました。

一方、荻野は和美に対して惹かれていることに気づきます。

そこでカウンセラーに相談してみることにしました。

その後、一花は両親についてのモヤモヤは消えません。

ですが、少しづつではありますが、光やクラスメイトから支えられながら前を向き始めました。

荻野が今まで和美に対する気持ちに気づいていなかったなんて、衝撃すぎます…

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ25~28話

令太郎の部屋にいる一花は、パソコンを開こうとしています。

”かいずちみか”

という文字から数字8個を導かなければなりません。

少し考えると、その文字を並び替えると母親と自分の名前になることが気付き、誕生日を入れてみると解除されました。

パソコンを見てみると、見覚えのあるクイズがたくさん。

そう、今までSNSでやり取りしていたのは父親である令太郎だったのです。

一方、和美は一花のことを相談しようと学校へ。

荻野に相談していると、一花の友達である唯が

”先生じゃなくて、一花自身と話をするべき”

と告げるのでした。

荻野から相談を受けていた心理カウンセラー=真木は、一花との関りを深めてはいけないと考えます。

ですが、生徒には手を出さないという言葉がひっかかっているとあることに気づきます。

生徒じゃなく保護者に手を出すかもしれないということに。

そこで、和美との相談は自分が受けることにし、荻野には不倫は止めた方がいいと忠告しますが、反論されてしまうのでした。

一花は和美が作ったドレスを姫役の子に着てほしいと考えています。

ですが、和美と意見が合わないまま時間が過ぎてしまった一花は、変装してドレスを奪うことにしたのでした。

家族のすれ違いもここまで行くと…
一花と両親が向かい合える日が来るのでしょうか

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ29~32話

橋から落としたはずのドレスは、いつのまにか橋の上に。

ドレスを見つけた令太郎は沙耶子が戻したのだと思い、連絡を取り事情を聞きますが、令太郎には伝わっていません。

家に戻り一花を問い詰めますが、悪くないというので手を挙げてしまいました。

和美に静止されますが、すでに一花のことを拒絶し始めている様子。

この事件はこれだけでは終わりません。

学校では、一花が窃盗未遂事件を犯したということで劇への参加を拒否されてしまいまうのでした。

理由は、1枚のアンケート用紙。

荻野が和美から橋での出来事を聞いて、罪を犯したのだと勘違いし劇に参加していいのかどうかを問うものだったのです。

この出来事で一花は家出をして、祖父の家に。

出迎えてくれた昭美(和美の姉)は一花を受け入れ、和美に連絡をします。

すぐに迎えに行くという令太郎に、少し様子を見たいというのです。

ですが、一花のことも心配な令太郎は、光と接触することにしました。

教師が生徒を追い詰めるようなことをするなんて絶対に許せません!

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ33~36話

アンケートの存在を知った令太郎は学校へ。

荻野は令太郎が来ることを知り、アンケートの言い訳を用意していたようです。

論点をずらしてくる荻野に、令太郎は文の訂正をするよう求めているとチャイムが鳴り逃げられてしまうのでした。

家出をしている一花に会いに行った令太郎。

暴力を振るっていたという祖父と一緒にいるので心配しますが、イメージはとは違い孫を大切にしているようです。

後日、もう一度義実家に行った令太郎は一花からなぞ解きをするから手伝ってと言われます。

それは、祖父がどうして新聞嫌いなのかということ。

答えは、和美からトラウマだと言われていたことは、全て嘘。

祖父が和美を叩いていたのではなく、新聞紙を丸めたもので壁を叩いてたというのが真実。

和美には虚言癖があるようでした。

和美に虚言癖があったと言われても、これまでのことを考えると納得です。
和美の言葉で問題が大きくなっているようでしたし

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ37~40話

和美の虚言癖が発覚した後、一花がドレスを気に入っていたことを知り自分が間違っていたと。

そして、今回のことは一花の気持ちを考えていなかったこと、和美の虚言癖を知らなかったことの2つが原因で起こったことだと気づくのでした。

始めに和美の話を聞いてみようとしますが、話題をそらして被害妄想の話ばかりをしてくるのです。

挙句、令太郎に一花がいなくてさみしいなら猫でも飼えば?

とまで言ってきます。

気持ちを紛らわせるために行ったと思っていましたが、違和感を感じます。

一花の話題をそらしたくて猫のことを話したのだと思い、もしかしたら和美が一花になにか隠し事をしているのではないかと疑うのでした。

一方、荻野は令太郎から問い詰められたことで精神的に参っているのでした。

心配になった真木は荻野の自宅に行きますが、周囲全体を疑っているのでした。

段々と謎が解き明かされてきましたね。
一花に隠さなければならないこととは、なんでしょか?

 

そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!まとめ

これまで”そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!”のテーマでお伝えしてきました。

ここまで「そんな家族なら捨てちゃえば?」のネタバレと感想を紹介してきました。

これから数々の謎が解き明かされていき、令太郎は家族と分かり合うことができるのでしょうか。

それでは今回は、「そんな家族なら捨てちゃえばネタバレ!セロテープを超えてはいけない理由とは!」と題してお届けしました。