本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少女・女性マンガ

『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?

おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中ネタバレ!ニコルとケイオスのドタバタすれ違い系ラブコメ!

今回は”『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?”のテーマでお伝えします。

「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」は、両片思いのニコルとケイオスのすれ違い系ラブコメディ。

人気小説をコミカライズしたことでも注目されている作品で、2人のすれ違いにもどかしさを感じながらも最後まで読みたくなること間違いありません!

今回はそんな「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」のネタバレと最終回の結末をお伝えしていきます♪

それでは早速、「『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?」と題して進めていきましょう。

コミックシーモア
70%OFFクーポン配布中!

クーポン価格!165円49円

※タップできない場合はクーポン配布終了です。

 

『おひとり様には慣れましたので。』の作品情報

作品名 おひとり様には慣れましたので。
婚約者放置中!
作家 晴田巡
荒瀬ヤヒロ
レーベル comic LAKE
出版社 一迅社
ジャンル 女性漫画

「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」の原作は、小説家になろうに掲載されています。

原作小説は、既に完結済みです。

「小説家になろう」からは、多くの作品がコミカライズ化されていますが、そのほとんどで原作とは少し違った内容の展開を迎えています。

おそらく、「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」も同様になるのではないかと思いますので、コミカライズ版でも楽しめること間違いありませんよ♪

気になるコミカライズ版の内容は、次の見出しからネタバレして紹介していきます!

 

『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!

【登場人物】

ニコル・ポートレット
伯爵令嬢
ケイオスと婚約している

ケイオス
ニコルの婚約者
幼馴染のキャロラインを気にかけている

キャロライン
国の王女として隣国に嫁ぐ予定

ここからは、「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」の全話ネタバレになるので、ご注意ください!

 

おひとり様には慣れましたのでネタバレ1話

婚約者のケイオスから渡された花は、キャロライン王女と全く同じものでした。

その出来事から、全て諦めるようになりました。

年に一度、行商が来る日は恋人で買い物にいきます。

去年はケイオスと行きますが、どこに行ってもキャロラインのことばかり話すので嫌気がさしてしまいました。

そこで、今年は1人で行ってみることに。

1人で買い物をしていても楽しむことができてニコルは満足しました。

行商の日の数日前、ケイオスはニコルから誘いが来ると思っていましたが、当日まで一向に来ません。

腹を立てたケイオスは翌日、ニコルにどうして誘わなかったのかと問い詰めるのでした。

婚約者に対する誠意が1ミリも感じられないケイオスにはガッカリです!

>>1話を無料で読むにはこちら

 

おひとり様には慣れましたのでネタバレ2話

行商を一人で行ったことが話題になり、ケイオスと一緒じゃなかったことをバカにされます。

ですが、ニコルは自分といてもつまらなそうなケイオスといるより一人でいた方がいいと毅然としています。

そうして過ごしていると、陰口を言われることもなくなりました。

一方、ケイオスは生徒会のメンバーから婚約者をないがしろにしているのではないかと言われてしまいます。

花祭りもどうするのかと聞かれますが、去年買った白い花を今年も送ろうと決めたようです。

花祭り当日、ニコルは生徒会のメンバーであるジークにケイオスの元へ行かないのかと聞かれます。

花はいらないとすでにケイオスに伝えていると話すと、ジークは急いでケイオスの元へ。

手紙でいらないと言われたから用意していないとケイオスは言いますが、花祭りで花を持っていないということの意味をジークから聞かされます。

すぐにニコルの元へ走っていき、花屋へ連れて行き花をプレゼントしました。

すると、去年の出来事がケイオスの言葉足らずでニコルが誤解していたことが判明。

婚約者の好みさえも知らなかったケイオスは、お茶をしないかとニコルを誘うのでした。

まさかケイオスが言葉足らずなだけだったなんて…
そりゃあ、ニコルも誤解してしまいますよ~

>>2話を無料で読むにはこちら

 

おひとり様には慣れましたのでネタバレ3話

1人の時間が増えたニコルは図書館である本を読んでいます。

隣国の昔話を読んで”王女””踏みにじられた””石も投げられて”という言葉をつぶやきながら泣いている彼女を見た学園の生徒は誤解をしてしまいました。

キャロラインが隣国へ嫁ぐことが発表されると、ケイオスも一緒に行くのではないのかと噂されます。

そして、捨てられそうなニコルが必死に隣国語を覚えていると。

身に覚えのない噂に驚いていると、これまでニコルを気にかけてこなかったので言い返すこともできません。

そこで、キャロラインがお茶に誘って話を聞いてみることにします。

が、ニコルの口からは衝撃の言葉を告げられてしまうのです。

ニコルとケイオスのすれ違いが終わる日が来るとは思えませんね…

>>3話を無料で読むにはこちら

 

おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中ネタバレ4話

ニコルがケイオスとキャロラインのことを誤解していることが分かりました。

焦ったケイオスは生徒会メンバーからアドバイスをもらい、デートに誘うことにします。

今人気のカフェへニコルを誘いますが、すでに1人で来たことがあるようです。

そこで誤解を解こうとしますが、まったく聞いてくれません。

むしろ、”白い結婚”を望んでいるのだと言われてしまいました。

今までニコルをないがしろにしてきたんだから、それくらい言われて当然です!

>>4話を無料で読むにはこちら

 

『おひとり様には慣れましたので。』ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?

「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!」の最終回の結末ですが、

原作小説と同じく”告白しても真意に気づかないニコルにケイオスがアプローチし続ける”と予想します。

この作品は、”小説家になろう”で連載されていた「おひとり様には慣れましたので。」のコミカライズ版です。

2022年12月に原作は完結しています。

現在までに公開されているものも原作を忠実に再現しているのでこのような予想になりました。

どのような出来事があって最終回を迎えるのか気になりますよね。

そこでここからは、最終回までに起こる注目ポイントとして

  1. ニコルが白い結婚を望む
  2. ケイオスの必死のアプローチ
  3. 学園の交流会

この3点について詳しく見ていきますよ!

 

結末①ニコルが白い結婚を望む

キャロラインとのお茶会でニコルが語った”白い結婚”とは、夫婦関係がなくても書類上は結婚をするという意味を持っています。

ケイオスとキャロラインの仲を勘違いしているので、そのような発言をしたようですね。

そう思われても仕方ない素振りをしてきたケイオスが悪いんですよ…

こうなると、誤解を解くのは難しそうですよね。

これからニコルの誤解を解こうと必死になるケイオスに注目してくださいね!

 

結末②ケイオスの必死のアプローチ

ニコルにあきれられていることが分かったケイオスはここから必死にデートに誘ったりして行きます。

ですが、ニコルからしたらキャロラインの婚約が発表された後にアプローチしたこともあって余計に誤解してしまうんですよね…

必死になっているケイオスのニコルを手放したくない気持ちや他の男性たちに嫉妬していく姿には遅すぎる!とツッコミたくなります。

が、ニコルを振り向かせようとするケイオスのギャップは良かったです!

途中で令嬢たちにニコルに対する態度が最悪だと非難されますが、読者も思っていることをズバズバと言ってくれるのですっきりしますよ♪

ちゃんと懺悔をしてからのアプローチになるので応援したい気持ちになること間違いありません。

 

結末③学園の交流会

この学園の交流会が、最終回のイベントになります。

今までの交流会はニコルではなく、キャロラインと一緒にいたケイオス。

ですが、自分から誘って参加することに。

キャロラインの婚約者も登場して、あることでニコルと意気投合してしまいピンチを迎えてしまいます。

そこでケイオスがとびっきりの愛の告白をかますのでしっかり見てほしいです。

聞いてるほうが恥ずかしくなるようなセリフなので、要チェックですよ!

それに対するニコルの反応にも注目してくださいね♪

 

『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!まとめ

これまで”『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?”のテーマでお伝えしてきました。

「おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中」のネタバレを紹介してきました。

最終回の結末は、原作小説同じになると予想します。

ニコルとケイオスのすれ違いがなくなるのか、ケイオスがどんなアプローチをしていくのか最新話の更新を待ちたいですね!

それでは今回は、「『おひとり様には慣れましたので。』ネタバレ!ケイオスとニコルの結末は?どんな最終回を迎える?」と題してお届けしました。