本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少年・青年マンガ

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ全話!

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ全話!

今回は”生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ!転生し、剣士たちの希望の星へ!”のテーマをお伝えします。

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双する」は、

記憶を保持したまま転生した主人公が、魔法こそ至上とされる世界で剣一本で無双していく物語です。

コミックシーモアで先行配信中の、少年マンガ部門でも上位にランクインしている人気作品です。

今回そんな「生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双する」のネタバレと感想をお伝えしていきます。

それでは早速、”生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ!転生し、剣士たちの希望の星へ!”と題して進めていきましょう。

2月29日まで1~2話無料
\70%OFFクーポンも配布中/

クーポン価格!165円 ➡ 49円

※タップできない場合はクーポン配布終了

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ!

登場人物

ライウス
かつて人生を剣に捧げ【剣聖】が与えられた人物で、現世に生まれ変わった姿。剣術を学ぶために王都第一学園に訪れる。

セイラ・ガーネット
王都第一学園の剣術科の受験をしていた女性。のちにライウスの同級生となる。

イブラム・ヴァデラン
魔術科の1年生。魔術科の1年生で1番強いとされている。

アリシア・ソルディオン
王都第一学園の生徒会長。

前世の記憶が残ったまま転生をしたライウスは、どう現世で無双していくのでしょうか?

ここからは、「生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双する」のネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ1話

ライウスは、遥か昔に剣術を極めた者だけにのみ与えられる称号、「剣聖」が与えられた人物の生まれ変わりです。

記憶を残したまま現世に転生し、ライウスと名付けられたのです。

転生した理由はわからないですが、前世と同じように剣術を学ぶべく、王都第一学園の剣術科を受験することにしました。

会場がわからず、男に剣術科の会場を聞くライウス。

すると、剣術科志望は不届き者として扱われてしまいました。

魔術が至高とされ、剣術自体が時代遅れなのだそう。

剣術はより進歩を遂げたのかと発言するライウスに、男は魔術の偉大さを教えてやると言って魔術を放ってきました。

ライウスはそれをいとも簡単に避け、剣術の進化の期待を口にしました。

すると男はまた魔術を放とうとします。

ライウスはその男の手首を掴み、そのまま倒してしまいました。

驚く男をよそに、気に障ったならすまないと謝罪。

そして急いでいると言い、そのまま立ち去るのでした。

何をされたかわからない男とその周りの人たちは驚きを隠せない様子です。

ライウスは急いで剣術科の会場を探します。

すると、迷っているのかと女性が話しかけてきました。

剣術科の受験会場を探しているのかと尋ねられ、その通りと答えるライウス。

その女性も剣術科志望なのだと言います。

ライウスはその女性に自分と同じように迷っているのだと言うと、もう試験を終えたのだと言いました。

案内が必要なら言えと言われ、案内をお願いすることにしました。

その女性はセイラ・ガーネットと名乗りました。

顔色ひとつ変えずにライウスはよろしくと言うと、何も知らないんだなと驚くセイラ。

ライウスはどうしたかと尋ねましたが、セイラはなんでもないと言い、案内をしてくれます。

ですが、その前にとネクタイを結び直してくれるのでした。

明日からは自分でやるように付け加えます。

そして剣術科の会場に辿り着きました。

ライウスは魔術科との違いに驚きます。

セイラに剣術科は人気がないのかと聞くと、卒業資格を求めて渋々入学した者か物好きしか入学しないと言うのでした。

魔術科にバカにされて過ごすことになるのだと。

ライウスはそれを聞き、面白いと言います。

そしてそのまま、自分の番が来るのを待ちます。

人がやっているのを見ていると、剣士が廃れた理由もわかってきました。

剣術の基礎がまるでなっていないのです。

そしてライウスの番がやってきました。

魔鉱石と鋼でできた合金鎧に剣を振る試験。

壊してしまったら弁償は必要かとライウスは尋ねますが、できるわけない、壊せるなら壊してみてくれと試験管は笑います。

安心したと言いながら剣を振り上げると、何かを感じたのか試験管が待てと言いました。

そのまま剣を振り下ろすライウス。

鎧はおろか、地面にまで切れ込みが入りました。

試験管やそれを見ていたセイラ、周囲の人たちは驚きを隠せません。

ライウスは綺麗な断面だと満足げなのでした。

ライウスはなぜ前世の記憶を持ったまま転生してきたのでしょうか?そしてセイラは何者なのでしょうか?それにしても剣術が下に見られている学園でライウスがどうなっていくか楽しみですね!

>>1話を無料で読むにはこちら

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ2話

ライウスは無事試験に合格し、王都第一学園に入学しました。

初登校の日、早速セイラに話しかけられます。

セイラは試験で見せた剣術について気になっている様子。

ですがライウスはこのネクタイについてだろうと言い出します。

セイラのおかげでバッチリ結べたと感謝を述べるのでした。

色々と気にかけてくれてありがとうと。

セイラは照れてしまい、もう一切話しかけないと言いますがライウスは教室の場所がわからないと追いかけるのでした。

授業が始まると、居眠りをするライウスに授業を真面目に受けろとセイラは注意します。

こんなのを聞いていても剣術の腕は上達しないとライウスは言います。

すると講師にやかましい、剣術科の落ちこぼれと怒られてしまいます。

授業後、ライウスはセイラに謝りました。

セイラは訓練施設に向かうと言います。

放課後は学園の訓練施設を自由に使えるのだそう。

ライウスは無理やり付いていくことにします。

訓練施設に着くと、魔術科が占領していました。

セイラはひとつアテがあると言い、そこに向かおうとする2人。

そこに、魔術が飛んできました。

ライウスは一瞬にして、何食わぬ顔でセイラを守ります。

魔術を飛ばした本人が謝りにきますが、黒制服であることで剣術科だと判断し、当たっても良かったと言うのでした。

この学園では剣術科の扱いはこういうものなのです。

セイラは助けてもらったことにお礼を言いました。

そしてそのまま訓練施設へ向かいます。

他の施設より施設は新しくないと言うその場所に、喜ぶライウス。

ボロボロな場所は直せばいい、気に入ったと言います。

セイラは余計なことはしない方がいい、魔術科に目をつけられかねないと指摘。

何が怖いのかとライウスは尋ねます。

魔術科の人間は施設で剣術を訓練する生徒を見つければ嫌がらせをし、増設を頼んだ剣術科の生徒は奴隷として扱ったのだと言います。

魔術科がきているのは高貴な白制服。

そこに格差があるのだと言うのでした。

そんな中、白制服を着た魔術科の男がやってきました。

ライウスがなんだお前と言うと俺のことを知らないのかと言うその男。

セイラは知っているようで、イブラム・ヴァデランという1年生なのだと説明。

1年生の魔術科で1番強いと言われているのだそう。

それを聞いたライウスは、1番強いというワードにワクワクしているような表情。

セイラはそれを見て、ゾッとします。

ライウスがイブラムに何の用か尋ねると、先輩たちから剣術科の躾を任されたのだと言うのです。

セイラはここは退いた方がいいと言います。

イブラムはここを使わせてもらうと言いますが、ライウスは他に立派な訓練施設があるのになぜだと質問。

イブラムはこれは嫌がらせなのだと言ってくるのです。

後ろには入学試験のときに絡まれた男が立っていて、その男の報復だと言いがかりをつけてくる始末。

公開処刑として、決闘を申し込むと言ってきました。

この学園の決闘システムは、揉め事が起きたときに一対一で勝負をして勝った方の要求が叶うというもの。

セイラはその決闘システムに反応し、受ける必要はないと言いました。

イブラムは、セイラに気付き、ガーネット家の人間だと言ってきました。

魔術科の奴隷にはぴったりだと言ってくるのです。

そしてイブラムは勝手にここの明け渡しとライウスとセイラの絶対服従だと宣言。

動揺するセイラ。

ですがライウスは了承。

そして2度とこの場所に近づかない、そして剣術科の前で大きな顔をしないことを要求しました。

イブラムはそれを承諾。

決闘は翌日に行われることになりました。

セイラは今からでも辞退すべきだとライウスに言います。

ですが、ライウスはあの程度であればどうにでもなると余裕の表情を浮かべるのでした。

イブラムが嫌なやつでむかつきます!ガーネット家が奴隷としてピッタリとはどういうことなのでしょうか?そして決闘はどうなるか気になりますね!

>>2話を無料で読むにはこちら

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ3話

そして翌日、決闘の会場には魔術科の生徒が集まっていました。

剣術科の生徒はセイラのみ。

大勢の観衆に対し、魔術科は暇なのかと煽るライウス。

1日でも鍛錬を怠ると差が出ると。

魔術科の生徒たちは相変わらず剣術科をバカにしたように、クズと罵ってきます。

また、イブラムの炎魔術を喰らった奴の右腕が、炭になってしまったこともあるのだと言います。

それを聞いてもライウスは炎を使うんだと冷静。

セイラは心配そうに見ています。

そんなセイラを周りの男子生徒たちは奴隷にしたら何させようかとにやつきます。

そんな中、決闘が開始されました。

早速魔術を飛ばしてくるイブラム。

ライウスはすべてを避けてしまいます。

ライウスは魔術を恐れることなく、イブラムから目を背けません。

相手の視線を追うことが、剣士として持つべき不可欠な技能なのです。

前世の聖剣時代を培ったものが生かされているのです。

攻撃が当たらないことに焦るイブラム。

「フレイムサーペント」という大きな炎魔術を繰り出します。

それは三又の炎の蛇の魔術。

ライウスはそれに向かっていきます。

セイラは無謀だと叫びました。

ですがライウスは隙を見抜き、向かっていったのです。

イブラムはそれも見越し、「フレイムキャノン」を放ちました。

するとライウスはまったく動じず、次の魔術を見せろと言います。

無傷なのです。

まだ上があるだろと煽るライウスに対して、どんどん炎魔術を放っていきます。

イブラムは魔力が持たなくなると焦ります。

ライウスはネタ切れか、残念だと言い、魔術を斬ってしまうのでした。

そしてイブラムの首に剣を突きつけます。

イブラムは一体なんなんだと驚きを隠せません。

そしてライウスは勝利を収めるのでした。

それを白制服の女性が見て面白い剣士が入学してきた、頼りになりそうと呟いているのでした。

余裕でライウスは勝利してしまいましたね!かっこいいです!そして謎の女性が見ていましたが、また気になる人物の登場ですね。

>>3話を無料で読むにはこちら

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ4話

ライウスが勝利を収めたことは、学園の噂になっていました。

セイラは魔術を斬った剣術に驚いています。

一方ライウスは、呼び出しをされていました。

呼び出していたのはアリシア・ソルディオンという女性。

決闘の際、見ていた女性でした。

アリシアは生徒会長なのだと言います。

紅茶でも飲んで落ち着かせましょうと言うアリシア。

ライウスはアリシアを見て、おっとりしているようで一切隙が無いと感じていました。

まるで無数の刃を向けられているように感じているのです。

アリシアを強者と認定し、ニヤついてしまうライウス。

嬉しそうな笑みを浮かべていることを指摘されてしまうのでした。

そして本題。

2ヶ月後に開催される序列戦に参加して欲しいということでした。

イブラムを決闘にて倒してことで、特別だとされたのです。

序列戦とは、年に1度トーナメント形式で行われる争われるものだそうです。

魔術剣術問わずに学園内の実力を争うものなのです。

そして上位10名には「序列」という栄誉ある地位が与えられるという大会なのだということなのです。

ライウスはなぜ自分に出て欲しいのかと尋ねました。

アリシアは魔術師の質を高めて欲しいのだと回答しました。

魔術科は驕りから年々質が落ちてきているのだと言います。

ライウスの存在が刺激的なのだと言うのです。

そして、アリシアはその序列の3位なのだと言いました。

それを聞き、ライウスはその誘いを受けることにしました。

強い人と戦えることが楽しみだと言い、その場を去ります。

アリシアはライウスが去ったあと、学園には闇がある、光となってくれますかと呟くのでした。

一方、ライウスはセイラに買い物に付き合ってもらうことに。

剣が決闘で壊れてしまったのです。

セイラは一度断るも、何かを思いついたようで案内してくれることになりました。

代わりに自分からの頼みも聞いて欲しいと言うのです。

街中を歩く2人。

セイラからの頼みが何かを尋ねると、魔術の斬り方を教えて欲しいと言うのです。

それを聞いたライウスは驚いてしまいました。

前世での剣術と、今の時代の剣術では何かが違うのだと。

ですが、お安いご用だと学園に戻ったら道場で教えることにします。

剣を売っているお店に着くと、セイラから1人で行くように伝えられました。

ライウスは一緒に行けばいいと言いますが、事情があるとセイラは言います。

そのため、ライウスは1人でお店に入ることになりました。

店の人間に剣を見せてもらうライウス。

安くて丈夫なやつと切れ味が自慢のやつを並べられ、切れ味の方をおすすめされました。

ライウスは切れ味はなくてもいいと丈夫な方を選ぶのでした。

切れ味は剣術で補うため、剣を失わなくて済むようにしたのです。

店の人間は剣術が廃れなきゃもっと繁盛していたのにと笑いました。

先代の剣聖さえちゃんとしてればと呟きました。

ライウスはそれに反応し、聞こうとしますが外から大きな声と音がしてきました。

喧嘩のようなのです。

外に出てみるとセイラが白制服の男たちと揉めていました。

ライウスはセイラの元に行こうとしますが、セイラは来るなと止めます。

すると、その男は先祖が大戦犯の剣聖とはかわいそうだと言っているのです。

そして、バインドと唱え、セイラはロープで縛られてしまいました。

男たちは結構上玉だといい、楽しませてもらうとセイラに触れようとします。

その手を掴むライウス。

セイラは自分の問題だと言おうとしますが、ライウスは動けないやつに文句を言う資格はないと言って入り込みます。

男たちは、イブラムを倒した人間だということに気がつきました。

そして、ライウスを倒せばイブラムより上になる、そうすると序列入りも近付くと言い、ライウスに向かってきます。

ライウスはちょうどいいと言いました。

セイラに今から俺がやることを見逃すなと言いながら放ってきた魔術を斬ってしまうのでした。

男たちはそれを見て恐れ、そのまま叫びながら逃げていくのでした。

セイラは剣が光っていたのを見たため、ライウスに魔術ではないのかと尋ねるのです。

ライウスは入学早々かなり有名になってしまっていますね。そして魔術を斬るとはどういうことなのでしょうか?そしてセイラの先代の話も気になりますね。

 

生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ5話

訓練場に戻ってきたライウスとセイラ。

全然なってないと言いながらセイラに訓練をつけます。

セイラはできるわけない、どうやればいいんだと反論。

あれで教えたつもりなのかと言います。

街で魔術ではないのかと尋ねられたライウスは、違うとはっきり伝えました。

そもそもライウスには魔力が宿っていないため、理論上不可能なのです。

そんな中、また白制服の男たちがやってきました。

後輩に手を出したのかとまた喧嘩を売ってきているのです。

ライウスはちょうどいいのでこの男たちを相手に説明をすると言います。

剣術には「解放」という概念があるのだと説明します。

意識を集中し、腹に力をこめる。

そしてへその奥に水のような冷たさを感じ、その水を全身に行き渡らせる。

すると皮膚は強固になり、筋力は力強くなる。

その感覚を剣に集中させると魔術をも斬る一太刀となると解説するのでした。

自分にもできるのかと不安そうなセイラ。

ライウスは友達だから、教える努力をすると言います。

そしてライウスからも質問があると言いました。

先祖に剣聖がいるという話です。

セイラはその話はと、口をつぐみます。

ですが、ライウスは知っておきたいと言うのでした。

すると、セイラはガーネット家は最後の剣聖を先祖に持つ家だと説明を始めました。

最後の剣聖は魔術師に敗北した、剣士の汚点と言われているのだと。

それから、剣士は魔術師に蔑まれるようになったのだと言うのです。

立ち向かったこともあるのですが、魔術師相手に何もできなかったのだと言うことなのでした。

なぜこんな惨めな思いをしなくてはいけないのか。

強くなくてはならないんだと涙を流すセイラ。

そこへ、アリシアがやってきました。

セイラは何をしにきたと強気に出ます。

アリシアはライウスの剣術の秘密が気になっていたのだと話します。

なのでそれを見せて欲しいのだとライウスの手を掴みました。

探りに来ているのではとライウスに言うセイラを無視し、見せてもいいとライウスは言います。

剣を持たない者が見ても役に立たないからだとセイラに伝えました。

アリシアはそんなセイラに対しても理解を示し、2人を自分の屋敷に招待しました。

自分のことを知って欲しいのだと言います。

そしてアリシアに連れられ、プライベート訓練施設へとやってきたライウスとセイラ。

とても綺麗なその場所に驚きます。

セイラは魔術科の人間は信用できないと、警戒を解きません。

アリシアはそれが被害妄想だと言いました。

そして、セイラに力がないからだとも言うのです。

否定できないセイラ。

ですがアリシアは剣術科を下に見ているわけでもないのです。

ソルディオン家は剣士と深い交流があり、剣士抜きでは自分の血族のことを語れないのだと言いました。

なので、ここに招待したのだと説明してくれます。

ライウスの視線にも気がついており、序列3位の実力を確かめてもいいと言うのです。

すると嬉しそうに承諾するライウス。

セイラは止めようとしますが、構わずライウスとアリシアは準備に入ります。

ライウスが始めるタイミングを聞くと、お好きにと言うのでそのまま向かっていきます。

するとライウスの目の前に剣が飛んできました。

目に刺さる直前で避けるライウス。

アリシアの魔術は創剣魔術なのです。

ライウスはこれが、アリシアが剣士を下に見ない理由だと納得しました。

アリシアはこの刃をどう捌きますかと微笑むのでした。

アリシアはおっとり話しますし、敵意は向けないですがどこか掴みどころのない感じの女性ですね。アリシアの創剣魔術にライウスがどう向かっていくのか展開が気になりますね!

2月29日まで1~2話無料
\70%OFFクーポンも配布中/

クーポン価格!165円 ➡ 49円

※タップできない場合はクーポン配布終了

 

まとめ

これまで”生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ!転生し、剣士たちの希望の星へ!”のテーマでお伝えしてきました。

ライウスが前世の記憶を持ったままバカにしてくる魔術師を倒していくのは爽快ですね!

今後、学園やこの現世の剣士のあり方を変えていくのでしょうか?

先が気になる方はぜひ、「生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双する」を読んでみてくださいね。

それでは今回は、”生まれ変わった剣聖、剣士が冷遇される魔術至上主義の学園で無双するネタバレ!転生し、剣士たちの希望の星へ!”と題してお届けしました。