本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少女・女性マンガ

私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!

私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!

今回は”私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!”のテーマをお伝えします。

「私の隣に立てるのは?」は、有能すぎたことで妬まれてしまった主人公が、新しくイケメンと出会うことで始まるラブストーリーです!

コミックシーモアで先行配信している、少女マンガで上位にランクインしている作品です。

今回そんな「私の隣に立てるのは?」のネタバレや最終回の結末をお伝えしていきます。

それでは早速、”私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!”と題して進めていきましょう。

コミックシーモア
70%OFFクーポン配布中!

クーポン価格!275円82円

※タップできない場合はクーポン配布終了です。

 

私の隣に立てるのは登場人物

【登場人物】

上原 柚(うえはら ゆず)
IT会社でプロジェクトマネージャーを勤めている。有能すぎるため、妬まれてしまうことも。

森村 敦弥(もりむら あつや)
柚と同じ会社でSEをしている。

有能な柚は逆恨みされてしまいますが、恋の行方はどうなるのでしょうか?

ここからは、「私の隣に立てるのは?」のネタバレを含みますのでご注意ください。

 

私の隣に立てるのはネタバレ!

主人公の柚は、婚約者で会社の御曹司である須藤 聖真に、パーティで婚約破棄されてしまいました。

会社でパワハラをしていたとやってもいないことをでっち上げられ、責められてしまったのです。

最初は優しかった聖真でしたが、柚が出世したことが気に食わなかったのか態度が変わってしまったのでした。

柚はこのタイミングで支社に異動。

もともと決まっていたことだったのですが、まるで自分が逃げたようで気が乗らない柚。

それでも仕事は楽しいため、打ち込むことにします。

その新しい職場でのチームのSEが敦弥だったのです。

どこかで会ったような気がした柚ですが、すぐには思い出せません。

話していると、婚約破棄された際のパーティで会ったということが判明しました。

その後柚と敦弥は抜群の相性で仕事を進めていきます。

そんな中、敦弥が柚をデートに誘いました。

息抜きをしようと、動物園に行く2人。

敦弥は柚の意外と動物好きな一面を見て、可愛いと言います。

そして告白してきたのです。

柚は最近まで婚約していたことに引け目を感じながらも、付き合うことにしたのでした。

仕事もプライベートも順調な柚。

そんなある日、支社に聖真と聖真を奪った女性、沙優が来ていました。

動揺しつつも、敦弥のおかげで冷静でいられるのです。

そんな様子の柚を見て、聖真は柚の仕事を奪い、無茶な振り方をしてきたのです。

それも助けてくれたのは敦弥でした。

結局それが問題になり、聖真は父親に怒られてしまったのです。

聖真は今更、柚に助けを求めてきます。

もちろん柚はそれを拒否しました。

聖真は一緒にいた敦弥に罵詈雑言をぶつけますが、敦弥には衝撃の事実が隠されていたのでした。

柚は美しくて仕事もでき、強くてかっこいいですね!敦弥の正体とは、聖真はどうなってしまうのか、ぜひ本編を読んでみてください!

コミックシーモア
70%OFFクーポン配布中!

クーポン価格!275円82円

※タップできない場合はクーポン配布終了です。

 

私の隣に立てるのは原作は小説?

「私の隣に立てるのは?」の原作は小説ではありません。

別府 マコト先生による漫画原作を担当し、松浦 ぶんこ先生が作画を担当した作品です!

絵柄も綺麗で、お話もスッキリなのでおすすめです!

 

私の隣に立てるのは作品の見どころは?

「私の隣に立てるのは?」の見どころは、

  • 主人公・柚のかっこよさ
  • 元婚約者・聖真の残念加減
  • 柚と敦弥の相性の良さ

この3点だと思います!

1つずつ説明していきますね。

 

主人公・柚のかっこよさ

柚は見た目も美人でかっこいいですが、中身もかっこいいんです!

妬まれるほど仕事ができる柚。

頭の回転が早く、物事をはっきりと伝えることのできる性格なんですよね。

パーティでたくさんの人たちの前で婚約破棄された後も、仕事に打ち込み、成果を上げようと努力していました。

落ち込んで何も手につかなくなってもいいところですが、仕事をし、しかも成果を上げられるのはかっこいいです。

簡単に切り替えできるわけはないので、柚も必死に仕事へと気持ちを持っていったのだと思います。

それができることがかっこいいです!

また、聖真に嫌味を言われてもはっきり返せているのもスカっとしましたね。

このようなところに、柚のかっこよさが現れており、この作品の見どころの1つです。

 

元婚約者・聖真の残念加減

柚を振った元婚約者の聖真の残念な男っぷりも、見ていてイラッとしつつも面白いところでした!

若い女性の沙優にあっさり騙され、強い言葉で自信を取り繕っていましたね。

柚と婚約破棄したのも、沙優が柚の有ること無いことをでっち上げたからです。

さらに仕事がまともに回っていたのも、柚のおかげだったようだったのです。

御曹司であることにあぐらをかき、自分は何もできないことに気がついていない姿が滑稽でした。

わめく聖真に、柚と敦弥がどんどんスカっとする言葉を浴びせていくのはスッキリしました!

聖真の結末、表情も見どころなのでぜひ本編を読んでみて欲しいです。

 

柚と敦弥の相性の良さ

柚と敦弥の相性は、仕事もプライベートもバッチリで素敵でした。

仕事を一緒にするようになってすぐ、柚は仕事がやりやすいと感じたり、付き合ってからの方が成果を出せるようになっていました。

2人ともが仕事ができ優秀なのもあるとは思いますが、そもそもの相性がいいのだと思います!

知り合って間も無く付き合うことになった2人ですが、何の違和感も感じず居心地の良さを感じている様子を見ると、プライベートも相性がいいのでしょう。

初デートの雰囲気も、ほんわかして楽しそうなのが伝わってきました!

2人は本当に性格も仕事のやり方も相性が良く、これからも良きパートナーとして歩んでいくと思います!

そんな2人のやり取りにほっこりできるところも、この作品の見どころですね。

 

まとめ

これまで”私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!”のテーマでお伝えしてきました。

最悪な振られ方をすることで始まったこの物語。

最初は聖真と沙優にイライラしましたね。

ですが柚のかっこよさと敦弥の優しさで、話はいい方向に進んでいきました。

最終的には敦弥の衝撃の事実でスッキリな結末を迎えて良かったですね!

柚と敦弥がどうなるのか、聖真がどうなってしまうのか、気になる方はぜひ「私の隣に立てるのは?」を読んでみてくださいね!

それでは今回は、”私の隣に立てるのはネタバレ !原作は小説?作品の見どころもご紹介!”と題してお届けしました。