本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少女・女性マンガ

【その品格に反抗を】結末ネタバレ!10話以降の内容と原作小説の最終回をご紹介!

その品格に反抗をネタバレ!10話以降の内容と原作小説の結末をご紹介!

今回は、”【その品格に反抗を】結末ネタバレ!10話以降の内容と原作小説の最終回をご紹介!”について記事にしていきます。

『その品格に反抗を』は韓国発のロマンス小説で、足が不自由なクロエが主人公の作品です。

今回そんな『その品格に反抗を』の10話以降のネタバレと原作小説の結末についてお伝えしていきます。

それでは早速、”【その品格に反抗を】結末ネタバレ!10話以降の内容と原作小説の最終回をご紹介!”と題して進めていきましょう。

 

【その品格に反抗を】登場人物と10話までのあらすじ

【登場人物】

クロエ・ベルディエ

ベルディエ家の長女
聡明で気が強い性格
足が不自由であるため普段は杖を使っている
もっと誰かの役に立ちたいと感じていた

 

デミアン・エルンスト・フォン・ティセ

ティセ公爵家の生まれ
冷酷な性格で、多くの人を殺していると噂もある
気の強いクロエのことを気に入っている
第一王子のヨハネスとは親戚関係

 

アリス・ベルディエ

クロエの妹
お転婆な性格でいくつものパーティで問題を起こしている
ベルディエ家の借金返済のため、貴族との結婚を求められる
流浪の民であるエディに惹かれ、隠れて逢引していた

ここからは『その品格に反抗を』のネタバレを含みますので、ご注意ください!

 

10話までの簡単なあらすじ

  • クロエ・ベルディエはベルディエ家の長女であるが、生まれつき足が不自由である
  • ベルディエ家は現在の公爵(クロエの父親)が借金を重ね、没落状態
  • このままでは苦しい領地経営になるため、クロエか妹のアリスが貴族と結ばれることが望まれる
  • クロエは3年前に初めてデミアンと出会った際、デミアンの高圧な態度に少しトラウマを覚えていた
  • 突然デミアンがベルディエ家へとやって来て、クロエたちは彼をもてなすことになる

 

【その品格に反抗を】ネタバレ!10話以降の内容は?

ある日、クロエの妹のアリスに突如妊娠が発覚します。

没落しているベルディエ家を支えるため、クロムウェル伯爵との婚約を進めていたアリス。

しかし、そんなアリスはかつて出会った流浪の民であるエディとの逢引を重ねた上、妊娠までしていたのです。

その後、アリスは許されない恋と自覚しながらも、クロエたちの前を去ってしまいました。

ベルディエ家を支えるために残された手段は”クロエが身分の高い男性と結婚すること”だけでした。

 

一方で、デミアンにもとある思惑がありました。

というのも、デミアンは現在の自分の立場に色々と厄介なことがあるのです。

デミアンには王家との血の繋がりがありますが、今以上に力を付ければ目を付けられることになります。

例えばデミアンが有力貴族の娘と結婚したり、力を持った貴族との繋がりが出来ることは王家にとって望ましくないことです。

そのため、デミアンが没落した家の令嬢と結婚するのは、自分を無害だとアピールするにはちょうど良いことでもありました。

クロエとデミアンはそうしてお互いの利益が一致し、契約結婚を決めたのでした。

 

結婚後すぐ、デミアンには”イザベラ伯爵夫人と愛人関係にある”なんて噂が流れました。

契約結婚だと理解しているはずなのに、そんな噂はクロエの心を傷つけます。

ですが実は、噂は全てデミアンが仕組んだものでした。

デミアンはいつも理性的なクロエに、もっと本心を明かして欲しいと思っています。

そのためにイザベラのことを利用し、デミアンはクロエの心をかき乱そうと考えたのでした。

 

しかし、その後事態は大きく動きます。

愛人だと噂のイザベラや他の令嬢を招待してスケートをしている中、クロエが冷たい湖の中へと落ちてしまったのです。

もちろん足が不自由なクロエは泳げるわけもなく、ただただ冷たい水の中を沈んでいってしまいます。

すぐさま騒ぎを聞きつけ、クロエを助けに向かったデミアン。

クロエが湖に落ちたのは、一体誰の仕業なのか?

こちらの作品は現在も更新中であり、気になる展開ですね!

 

【その品格に反抗を】結末ネタバレ!原作小説の最終回をご紹介!

『その品格に反抗を』は韓国の小説が原作であり、既に完結しています!

しかし、日本語翻訳されたコミカライズ版はまだ制作途中であり、最終回の結末までは読むことが出来ません!

ここからは、そんな原作の結末についてまとめていきます。

  1. デミアンの本心
  2. 健気なクロエ
  3. お話の結末

まずは最終回までの3つのポイントについて順番に紹介していきます!

 

原作小説の結末①デミアンの本心

デミアンは初めてクロエに会った時から、普通の貴族の令嬢とは違って気高く気の強いクロエに惹かれていました。

ただ、序盤はデミアン自身も自分の恋心には気づいていません。

クロエの気持ちを試すためにわざと愛人を作ったり、事件の犯人としてクロエを仕立て上げたり…そんな酷いことを繰り返します。

ここらへんは韓国のロマンス小説あるあるで、男性は基本的に自分本位でヒロインを試すような行動をするんですよね。

そうしてド定番の”ヒロインが居なくなって初めて大切さに気付く”という胸キュン展開を迎えます!!

 

原作小説の結末②健気なクロエ

クロエは、自分がデミアンに駒のように扱われていることを自覚しています。

元々クロエは生まれながらに足が不自由ですし、冷たい言葉を掛けられることも、嫌な思いをすることも多くありました。

そんなことからクロエは自分に自信がありません。

”デミアンに本気で愛されるはずがない”なんて感じているクロエを見ていると、凄く胸が痛くなります!

ですがクロエは、デミアンを愛してしまっているんですよね。

何度も傷つけられたり、酷いことをされながらもデミアンを好きな気持ちは変わらないクロエ。

本当に、そんな健気なクロエを応援したくなる作品です!

 

原作小説の結末③お話の結末

クロエが子供を流産してしまったり、デミアンの隙を見て遠く離れた村へ逃げ出したりと様々なことがありました。

ようやく両思いで結ばれることになった2人。

しかし、王位を手にしたデミアンに敵の手が迫ります。

そんな中、デミアンたちに助けの手を差し伸べてくれたのは、クロエの妹であるアリスでした。

アリスはかつて流浪の民であったエディと駆け落ちしたはずですが、そのエディが別の国で王の立場を有していたのです。

デミアンとクロエはそんなエディ達に救われることになり、ハッピーエンドを迎えます。

 

【その品格に反抗を】原作小説はどこで読める?

『その品格に反抗を』の原作小説は、現在韓国のWeb小説サイト『RIDIBOOKS』で読むことが出来ます。

原作の韓国版のタイトルは『품격을 배반한다』(全5巻・完結)であり、リンクをクリックすることで韓国サイトの該当ページに飛びます。

ただし、こちらは全編韓国語であり、現在のところ日本語版の小説は販売されていません!

今後、日本語版の小説が登場するのも待ち遠しいですね!

気になる方はコミカライズ版『품격을 배반한다』(全58話・未完結)もチェックしてみてください!

 

まとめ

ここまで、”【その品格に反抗を】結末ネタバレ!10話以降の内容と原作小説の最終回をご紹介!”について記事にしてきました。

『その品格に反抗を』は2023年に韓国のWeb小説サイトで大賞を受賞しており、現在大注目の作品です!

完結までは韓国サイトでしか読めませんが、日本では『めちゃコミ』で少しずつ翻訳作品が更新されています!

先が気になる方は、ぜひ『その品格に反抗を』を読んでみてくださいね。

それでは今回は、”【その品格に反抗を】結末ネタバレ!10話以降の内容と原作小説の最終回をご紹介!”と題してお届けしました。