本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少年・青年マンガ

1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?

1122漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?

今回は”1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?”のテーマをお伝えします。

「1122(いいふうふ)」は、セックスレスの子どものいない夫婦が公認不倫を選択したことから始まる物語。

結婚を考えるすべての人に向けたリアリティ溢れるストーリーとして、実写化もされている大人気漫画です!

今回はそんな「1122」のネタバレと最終回の結末を紹介していきますよ♪

それでは早速、「1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?」と題して進めていきましょう。

ebook japan
\70%OFFクーポン配布中/

★クーポン全巻適応OK★
全7巻 5,313円 ➡ 2,313

※タップできない場合はクーポン配布終了です。

 

1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!

【登場人物】

相原 一子(あいはら いちこ)
結婚7年目
夫を信用しているが、男としては見れない

相原 二也(あいはら おとや)
一子の夫
妻後任の不倫相手がいる

柏木 美月(かしわぎ みづき)
二也の不倫相手
夫との関係に悩んでいる

柏木 司朗(かしわぎ しろう)
美月の夫
仕事人間だが、不倫に気づいている様子

礼(れい)
一子が利用した女性用風俗のスタッフ

ここからは、「1122」の全話ネタバレになるので、ご注意ください!

 

1122漫画ネタバレ1巻

結婚7年目の一子と二也は仲良しですが、子どもはいません。

数年前に一子がセックスを拒否してしまってから、レスの関係が続いています。

女友達とも旦那や彼氏とのセックスについて話しますが、一子は性欲が少ないようです。

夫は一番信頼しているが、男とは思えないと。

酔って帰ると、二也が世話をしてくれます。

そして翌日、二也は不倫相手の家に泊まりに行ったのです。

この夫婦は、不倫を公認しています。

一子が提案したものですが、結婚記念日を不倫相手と旅行に行こうとする二也に苛立ちを隠せません。

ルールの中での公認不倫であって、自分たちの夫婦関係はちゃんとしていなくちゃならないと考えているのです。

すると、不倫相手の美月から結婚記念日だったことを忘れていたと連絡が来て、日にちをずらそうという提案をされました。

二也が美月にお礼を言う姿やメールを送っているのを見て何か思うところがあるようです。

自分の性欲を凪のようなものだと言っていた一子ですが、変化が出てきたようでした。

そこから、結婚記念日のために身体を絞ったり、下着を選んで準備をしてきました。

当日になり、二也を誘ってみますが拒絶されてしまいます。

どうしてかと聞いても、自分には好きな人がいるからできないと言ってきます。

レスになった日の話も持ち出され、一子の言葉でヤる気を折られてしまったとも。

その日から、一子はモヤモヤしたものを抱え続けているので女友達に相談することにしました。

ですが、恋愛を一子がコントロールできるものではないと言われてしまいます。

帰り道、雨が降っているなか迎えに来てくれた二也の優しさに一子は色々と思うところがあったようでした。

一方、二也は美月との関係を進めていきます。

美月の子どもとも一緒に出掛けるようになり、美月の旦那のことも知りました。

仕事ばかりの人で家事や育児をしてくれないので参っている様子。

そんな美月を見て、子どもと一緒のリスクもあっても会ってよかったと思ったのでした。

ある日、一子の母親がケガをしたと二也から知らされます。

一子の家庭環境はDVをする父親(亡くなった)がいたことで母親と色々あったようで、会いにいきますが文句を言われる始末。

そんな家で育ったことから、家族というものに対して考える部分があったようです。

今、二也と家族になって自分なりの家族を築けて良かったと一子は思っていますが、二也はそうではないようです。

相変わらず美月と会っていましたが、ある時美月の旦那がホテルから出てくる2人を見てしまったのでした。

多様な家族の関係があるかもしれないけど、公認不倫は考えさせられるものですね…

 

1122漫画ネタバレ2巻

友達と飲みに行った一子でしたが、少しもめてしまったようです。

落ち込んで家に帰ると、二也から抱きしめられていい雰囲気に。

キスをしたりしますが、肝心のモノが機能しないので二也が言い訳ばかり言ってくるのです。

そんなこんなでギクシャクしてしまった一子は、あることを考えています。

セックスができないのは寂しいから、夫以外とすればいいのではないかと。

そこで、一子は不倫をしていたという大学のサークルで友達になった五代に声を掛けました。

去年まで不倫をしていたと赤裸々に話す姿を冷ややかに見ながらも、彼を誘ってみようと決意。

勇気を出して誘ってみると、すでにやらかしていることから妻にGPSをつけられているので、できませんでした。

一方、二也は美月に公認不倫だということがバレてしまいまって美月は怒ってしまいますが、それでも関係は続けるようです。

段々と二也の存在が大きくなっていく美月でした。

一子は二也がいない木曜日に女性風俗を利用してみることにしました。

二也との思い出が浮かびながら、ドアを開けると一番人気の礼にサービスをしてくれることに。

話をしたり、ボディタッチをされて心が満たされて次の予約をして帰りました。

予約の日になると、一子は女性用風俗へ楽しみに出かけて行ったのです。

家にいる二也は、一子にも公認不倫を認めていたらどうなっていたのだろうと考えているのでした。

段々と一子たちの関係も変化してきましたね!?
これからどんな風に変わるのか注目ですね!

 

1122漫画ネタバレ3巻

ホテルについた一子ですが、二也からぎっくり腰をしてしまったという連絡が来ますが予約をしているのでそのまま入ることに。

礼とキスなどしますが、すべて二也の顔がチラついてしまいそれ以上のことは出来ません。

キスだけをして家に帰ると、腰痛の二也は喜んで迎えて一子との平和な生活を夢みていますが、一子は礼のことを思い浮かべているようです。

ある日、一子は男友達と飲んでいると夫婦のための公認不倫だったことを思い出します。

ですが、提案したときの未来と今は変わっているようです。

ちょうど二也も美月と会っていて

”二也と子どもと一緒に暮らすというのはどうか”

と言われて動揺してしまいました。

下手に返答せずに話題を変えて、美月と別れました。

帰り道、美月の提案は一子と別れて新しい家族になるという覚悟は自分にはないと。

そして、美月と自分の好きにズレを感じるようになったのです。

美月は、司朗からシンガポールへの転勤が決まったことを聞かされます。

最低3年も行くというので、子どものことも考えて単身で行ってほしい言いますが認めません。

美月が日本にいたいからだと、母親として誇れる人であってほしいと言われてしまうのです。

これは、司朗からの温情で不問にしてくれると。

シンガポールに行くことに決めた美月は、二也に伝えることにしました。

それを聞いてもショックだとは思えない自分を寂しいと感じています。

それからは、食事などを楽しむだけの関係になっていきますが最後の日はホテルで会うことにしました。

その日は一子が二也の誕生会をしようとお店を予約していましたが、仕事の関係で行けないと言われてしまうのです。

嘘だと気づいてしまった一子は、初めて二也の携帯を見てしまったのでした。

そこで自分よりも不倫相手を優先したことを知ってしまったのです。

不倫相手と会う日に合わせて、一子は礼との本番ありの予約をしました。

当日、二也におめでとうと言葉をかけてから家を出てきたのです。

今までのセックスよりいいものをしようと考えながら。

裏切られた一子は、まだ夫婦関係を続けられると思っているようですね…

 

1122漫画ネタバレ4巻

一子が礼との楽しい時間を過ごしていると、二也にはピンチが訪れています。

美月とホテルで会い、プレゼントの鋏と剣山を渡されて最後にセックスをしたいと誘われます。

ですが、二也はしないとはっきりと言って一子との関係が危ういことを打ち明けて、自分たちの家族を大切にしようと話します。

その言葉を聞いた美月は、夫や義母、友達から言われてきた言葉を思い出すと何かが切れる音がしました。

二也を誰ともセックスさせたくないという思いが強くなった美月は、プレゼントの剣山をアソコ目がけて刺してきます。

血の付いた剣山を持ちながらも、自分のやったことに気づき謝る美月。

血まみれのまま、大丈夫だと言って美月を送り出したのでした。

一方、礼とのひと時を楽しんだ一子は、二也とのことを話してみます。

すると礼は、旦那に恋人ができたことが嫌だと言っているようだと。

そう言われて自分の気持ちにやっと気づいた一子だったのでした。

アソコが血まみれの二也は、ホテルのスタッフを呼んで病院に連れて行ってもらったのです。

自分のアソコが大丈夫なのかと聞きますが、機能には問題がないが精神面で問題が出るかもしれないと言われました。

ホテルから家に帰る時、一子は二也に公認不倫を辞めてほしいと伝えようとしますができませんでした。

家に帰ると、二也は腰を痛めたと休んでいたので一子のプレゼントに気づきませんでした。

美月は家に帰ると、司朗に浮気をしていたことを知っていたのかと聞きました。

すると、終わらせてきたのかと言われます。

美月の頬に血がついていることに気づくと、浮気を終わらせたけど人も刺してきたと挑発するような目つきで司朗に言うのです。

自分は美月が好きだから、何もしないという司朗の言葉に美月は何か思うところがあるようでした。

刺された翌日、二也は会社を休んで一子との思い出のある場所に行って帰ってくると一子から血まみれの服を突き出されて事情を話すようにと言われます。

美月との出来事を話すと、一子は涙を流しながら謝り、二也ともう一度シたいことを伝えました。

ケガが治ったらシようと約束する2人ですが、二也が差された時一子は別の男性に抱かれていたのだと罪悪感を抱いてしまったようです。

そして、約束の日が来て久々に2人の時間を楽しんだのでした。

不倫をするってことは、高いリスクを負うものなんだと分かる出来事でしたね。

 

1122漫画ネタバレ5巻

久しぶりの営みのはずが、二也のモノは機能しません。

代わりに奉仕をしていきますが、礼のテクニックを受けた一子はこんな感じだったのかと思ってしまいます。

微妙な雰囲気になった2人は背を向けて寝ることにしました。

その後も色々な手段で挑んでみますが、効果は出ませんでした。

一方、妊娠が発覚した美月は子どもの父親が司朗だったようです。

体調が悪いことに気づかれると、司朗の子どもだと打ち明けます。

二也との行為はしていないと伝えて、産みたいと伝え、今までの想いをぶつけていきました。

それでも産みたいのは、心配よりも希望の方が強かったから。

お互いに想い合っているはずの一子と二也ですが、気持ちにズレがではじめたのです。

一子の母親の手術で付き添いが必要な日、一子は仕事が忙しいので代わりに二也が行きました。

無事に手術が終わると、子どもができないことは一子の年齢のせいもあると言われます。

ですが、自分のせいでできていないと、心の中で思うばかり。

美月はつわりがひどくなり、病院で点滴を受けています。

その後、こんな状態で2人目を産めるのかと考えていると、義母が家にやってきました。

言いたいことばかり話す義母ですが、途中で司朗が帰ってきて間に入って自分を通すようにいいました。

そして、美月に休んでいるようにと優しく言ってくれたのです。

数週間すると、美月は子どもを産むことは間違っていたのかもしれないと気持ちが沈んでいます。

そのことを司朗に打ち明けると、今までのことを感謝され、これからは自分も協力していくと言ってくれたのでした。

礼に会いに行った一子は、レス解消の方法を聞きに行きます。

途中から、しなくてもいい関係を築けるのではないかと思うようになったようです。

すると、お店を辞めることになったと礼が打ち明けます。

今までの感謝を伝えて、素敵な笑顔を向けて手を握っているところを二也に見られてしまったようです。

一子はヤキモチは焼かないと思っていますが、二也は悲しい表情を浮かべてこの頃の一子の変わりようにショックを受けていました。

気になった二也は一子の携帯を見て、礼との関係を知ってしまいます。

その時、一子も気づいて最初はごまかしますが、問い詰めてくるので風俗にいったことや二也も同じことをしていたと。

ですが、二也は一子の行為は売春だと言いますが、必要なことだったのだというので嫌になった二也は家を飛び出していきました。

一子は夫婦の関係が終わる鐘の音が鳴り響いているように感じているのでした。

夫婦関係が終わってしまうのですか!?
バッドエンドになってしまうのでしょうか?

 

1122漫画ネタバレ6

家を出た二也は一度戻って荷物を取りに来ました。

そして、少し距離を置こいてこれからの夫婦関係を考え直そうと。

二也は姉の家に行きますが、そこで離婚したら私と一緒だねと言われてしまいます。

姉は二也が元夫と似ているので、素直に話せる相手を見つけたほうがいいとアドバイスをもらいました。

翌日、話し相手を探すため占い師のところへ行きますが、以前占ってもらった人はいません。

占いをせずに歩いていると、赤ちゃんプレイ専門店のキャッチに捕まってそのまま話を聞いてもらうことになりました。

公認不倫や一子の風俗まで全て話していくのです。

話したことで一子が風俗を利用した意味が分かったような気がします。

他人になら話せるという気持ちが。

すると、一子から会いたいというメッセージが届きますが、もう少し待ってほしいと先延ばしにしました。

ある日、夫にメッセージを見られたという一子を心配した礼がデートに誘ってくれます。

動物園へ行き、プライベートな姿の彼を見てお金ありきの関係との違いを思い知らされたのです。

これから二也との夫婦関係を続けるためにも手間や手順を惜しまないような関係になることが必要なんだと感じます。

礼との時間に後悔がないこと、自分と会ってくれたことに感謝して別れました。

二也は毎日連絡をよこしていたはずの一子から数日も連絡がないことに焦っています。

思い切って電話を掛けると、すぐに切られてメッセージが届きました。

百日咳にかかってしまったというので、急いで家に帰っていきます。

そして、一子に出ていったことを謝り、EDが自分にとって気にしていることだったと打ち明けました。

そして、これから子どもについてどうしていきたいのか話し合いたいと。

一方、つわりがひどくて入院していた美月は退院すると司朗に二也に会いたいといいました。

刺してしまったこともあるので、謝ってけじめをつけてから新しい生活をスタートさせたいと。

その想いを受け入れた司朗は会いに行くことを許可してくれたのでした。

壊れかかっていた2組の夫婦でしたが、以前よりも強いもので結ばれてきているように感じますね!

 

1122漫画ネタバレ7

美月と会うことになった二也は、ある公園へ向かいます。

そこで美月からの謝罪を受け入れ、ケガよりも精神的に追い込まれたことを打ち明けます。

暴力や言葉でコントロールしようとしていたが、今はそんなことは思っていないし間違いを犯して二也の生活に邪魔をしてしまったと美月はいいます。

そして、二也は一子を信頼していたからこそ不倫を始めるのも終わらせるのも夫婦という関係を第一に考えていたと。

自分も今は夫との子どもを妊娠して、関係をやり直すことにしているのだと打ち明けます。

それを聞いた二也は、幸せになってほしいと告げて別れていきました。

その後、一子の待つ家に帰っていき

”もう一度ここで暮らしたい”

と自分の気持ちを伝えます。

一子も一緒にいたいこと、今までのことに対する気持ちを話していきました。

そして、子どもを授かりたいと。

二也も賛成してくれて、不妊治療の準備をしていき体外受精で子どもを授かることに決めました。

ですが、中々授かることができず、精神的にも金銭的にもボロボロになっていく一子。

一度腹を割って話そうという二也の提案されます。

次に進まなきゃいけないと一子は口にしますが、自分たちにとっての次が必ずしも子どもではないんじゃないかと二也ははっきりと告げます。

子どもがいれば嬉しいけど、一子がいれば自分は幸せなれると。

一子は2人での夫婦に想像がつかなくなってしまったから、子どもがほしいと。

夫婦でいることに辛くなってしまった一子に別れたいのかと聞くと、小さく返事をしたのです。

結婚8年目で一子と二也は離婚しました。

その後、一子は母親に離婚したことを報告するために実家に帰ります。

呼びかけますが、返事が返ってこないので家に上がっていくと布団の上で亡くなっている母親を発見。

病院で一昨日に心筋梗塞になったのではないかと。

二也にも母親が亡くなったことと家族葬をすることを伝えると、すぐに有休を使って駆けつけてくれたのです。

夫として式に参列してもらい、実家に泊まってくれたのでした。

まさかの離婚には衝撃を受けてしまいました…
このまま最終回を迎えるのでしょうか?

ebook japan
\70%OFFクーポン配布中/

★クーポン全巻適応OK★
全7巻 5,313円 ➡ 2,313

※タップできない場合はクーポン配布終了です。

 

1122(いいふうふ)漫画の最終回の結末は?

「1122」の最終回は、一子と二也がもう一度一緒に暮らすことを決断して終わりました。

詳しい結末の内容を紹介していきます!

葬式が終わって1カ月がたつと、売りに出していたマンションに買い手がついたという連絡が来ます。

このまま話を進めていいのか二也に確認すると、一子自身がどうしたのかと聞かれます。

「売りたくない」

そう話した夜、二也はマンションへ帰ってきて2人は抱きしめ合いました。

離婚はしたけれど、二也と一緒にいたいという一子。

二也も家族や夫婦という関係じゃなくても一緒にいたい存在は一子だったと言い、マンションに戻ってきていいか聞きました。

そこから2人は一緒に生活を送っていきますが、この関係にはまだ名前はありません。

結婚や夫婦の関係を考えさせられる終わり方ですね!
ある意味ハッピーエンドで終わってよかった…

 

1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?まとめ

これまで”1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?”のテーマでお伝えしてきました。

「1122」のネタバレから最終回の結末まで紹介してきました。

一子夫婦と美月夫婦の羽陽曲折を描き、結婚とは何なのかを考えさせられるものでした。

最終回では、一子と二也がこれからどういった関係になるのか読者に投げているようにも感じますね。

結婚している人も考えている人にも刺さるヒューマンドラマでした!

それでは今回は、「1122(いいふうふ)漫画を最終話までネタバレ!美月と礼との出会いで狂っていく夫婦の結末は?」と題してお届けしました。